フランス旅行、楽しい旅にするために知っておくとよいこと!

英語は共通語・・・ではない!?

素敵な景色、素敵な装いのパリジェンヌ。さあ、お買い物でもと思うと、意外と英語が通じません。切符を買おうとしても、レストランで注文を取ろうとしても、こちらが外国人でもお構いなしでフランス語で話しかけてくることが多いです。それもそのはず、フランスでは英語よりもまずは母国語を大切にする教育を行っているため、みなさんまずはフランス語なのです。現地について何か訪ねたい場合などは、いきなり英語ではなく、ガイドブックを見ながらフランス語を話そうとしてみたり、まずは「英語でもよろしいですか?」と一言付け加えると、英語も受け入れてもらえます。

かわいいわんちゃんがいっぱい!とうことは・・・

マダムがかわいいわんちゃんをつれて優雅にお散歩をしている姿をよく見かけます。でも、このマダムたち、手ぶらの方が多いのです。愛犬の大の始末は!?と気になってみていると、道ばたに用を足して、そして、そのまま何食わぬ顔で立ち去ってしまうのです。そのため、素敵な景色にばかり気を取られていると・・・という結果に。最近はちゃんと始末をしましょうという呼びかけも盛んにはなってきましたが、まだまだこの風習は続いています。そのためあまり端っこは歩かないようにしたり、ときには足下にも注意を払ったりして観光を楽しみましょう。

この風土にこのワイン、本当にぴったりなんです。

普段からワインを飲んでいるのに、フランスに行くとどうしてこうもワインがおいしく感じられるのでしょう。やはりワインの消費が多かったり、おいしいワインを製造するシャトーがおおかったりということもあるのかもしれません。また、あの風景や気候に、本当にぴったり合うのです。そしてなんと言っても、日本と比べると驚くほどワインが安いのです。そこで気をつけなければ行けないのが・・・飲み過ぎです。異国の地で二日酔いではもったいないです。ほどほどに楽しみましょう。

パリのオプショナルツアーに申し込みたいなら、旅行会社のプランを比較すべきです。行きたい観光地を重点的に調べる方法も最適です。