命名は親から子への最初の贈り物だから慎重に

子供の名前は最初の贈り物

子供が生まれて最初にすることは命名です。もちろん生まれる前からたくさんの時間を掛けて名前を考えている人もいるでしょう。中には両親ではなく祖父母や知人が命名することもあるかもしれませんが、それも親が許容してのことですから贈り物であることに変わりはありません。基本的には一生涯に渡って用いていくことになりますので、特別な響きを持ちます。だからこそ慎重に納得がいくまでとことん考え抜く必要がありますし、後悔しないようにしなければなりません。

どんな想いを込めるのか

命名をする際には様々な想いを込めることになります。それを名前の響きで表現するのか、あるいは字画なのかなど、命名をする人によってもそれは異なります。どのような想いであろうと名前をもらった子供にしてみればその名前を用いて生活を送ることになりますので、重要な意味合いを持つようになります。いろいろと込めたい想いもあるでしょうが、あまりにも込め過ぎると名前として成立しなくなってしまう場合もありますので、どんな想いを込めるのか優先順位を定めましょう。

子供の将来も考える必要も

あまりに奇をてらったような名前ですと、日常生活に支障が出ることもあります。用いる漢字や響きなどによっては、中には読みにくいと感じてしまう人もいるでしょうし、実際に読めない場合もあるでしょう。学校や病院などで名前が正確に読めない場合、支障が生じてしまうこともあるでしょう。そのためにいくら想いを込めるとはいえ、穿ち過ぎた名前にならないように注意をしなければなりません。ある程度の配慮も求められるのです。

命名は子供が産まれた時に初めて名前をつける事で、字画や意味など慎重に考えた上で決めます。本などを見るのも参考になります。